スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2回目のワクチン・・・そして,お別れその1 

早いものでもう産後3ヶ月経ちました。

私は車でお迎えに来てもらい、ヒナテン夫婦と子供達を
みーんな連れて、土曜日に実家に戻りました。


獣医さんがおうちにワクチンと健康診断をしに
来てくれるからです。その後、母の同級生のお宅へ
1匹お渡しする予定でした。

実家に着いたら家と違ってワンフロアなので、犬達は
あちこちの部屋に行ったり来たり、凄いスピードで
はしゃぎまくります。

IMGP7522-1.jpg


もうさすがに目が届かない。

一番嬉しかったのは、あれだけ犬を飼うのを拒んでいた
両親が一番 嬉しそうに見ていたこと。

元々実家でラブラドールを13年飼っていて
去年他界したのです。その後 明るいだけがとりえの
両親は子供も皆 家を出ているので本当にしょんぼりしていて・・・

それで、ヒナテンの子供を作って実家に渡そうと思っていたので
今はそうやって嬉しそうな顔を見ると 私も
ほっとします。


IMGP7516-hahato.jpg


犬は 犬なんだけれど、私にとっては大事な子供達。
自分は産んでないけど、おなかを痛めて産んでくれた
ヒナには人間と同じような感覚で 感謝しています。

そして一番の心の支えです。そんなものが居なくなったらと
考えただけで、死んでしまいたくなる。

だからラブが死んだとき、何故か人が死んだときより
思いが深く顔が変形するほど(笑)泣いて 神様に
どうして持っていったんだと、本当に神様を恨んだ。

だけど、ヒナにこんなにたくさんのベビー達が生まれて、
私はここ3ヶ月、仕事と育児に追われ、改めて、
母の強さを知った。

 母って何でこんなに強いんだ?

私は母に育ててもらったことに感謝したし、女って凄いなって
思った。到底私には、自分の子供を育てられないだろうなと
思ったし、それも仕事をしながら育児する女性には
頭が下がる思いだった。


お昼頃、リクの里親さん一家も揃った。
これで、ヒナテン家全員集合。

そして1時に獣医さんが往診に来てくれた。天気が良かった。
私の大好きな獣医さん。壊れかけのサンダルひっかけて
頭ぼさぼさで、どうでもいい黒のダウンジャンパ=。
この人の所には昔から嫁に行ってもいいと、絶対に結婚しない
宣言をしている今でも そう思う。


一生懸命凄いスピードでワクチンを打つ。そして1匹ずつ
爪切り、耳掃除、健康診断。

1匹5分、終わりまで30分かかった。
その途中、緊急の電話が入った。
先生は椅子に座ることもなく、そそくさと家を後にした。
1匹5000円にしてくれた。混合8種。ありえない。

命を預かる仕事は本当に凄い。しかも口の利けない動物を
どんだけ助けているんだろう・・・もちろん駄目なことも
嫌なこともあるだろう、けど、なんか凄い。

先生を見ていて 命を最優先していることが良く分かる。
家族も自分の見かけより 命が最優先する。
それって当たり前のことかもしれないけど、今はそういう人
少ない。

自分の格好や見栄、お金のことばかり、うんざりする。


バラちゃんのお風呂上り写真は続きをクリックしてね。
IMGP7488-bara.jpg


足長すぎません???バラちゃん。半分リタくんにちょーだい!
バラは母の同級生のマリチャンの所へ嫁ぎました。


実家に嫁いだヤン子。
名前はあんずに命名。
IMGP7532anzu.jpg


サリーも実家に嫁ぎました。
IMGP7542-3.jpg


お別れ編は その2に続く・・・
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://daphinaten.blog52.fc2.com/tb.php/66-9cb2daca

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。